花粉症目薬

医師や専門家が深く詳しく解説します

花粉症目薬

医師や専門家が深く詳しく解説します

花粉症の目薬 はどう選ぶ? 目の症状や原因、目薬の成分などから考える

公開日
更新日

 
執筆:佐藤 孝弘 (医薬品開発、薬剤師)
 
 
花粉症の不快な症状として、目の充血、かゆみ、涙目等がありますが、どのように対処をすればいいのでしょうか?
 
この記事では、目の症状の原因等を踏まえて 花粉症の目薬 の選び方等について、説明いたします。
 
 

花粉症による目の症状とは

 
眼の充血やかゆみは結膜の炎症(結膜炎)による場合が多いです。結膜炎の原因は、アレルギー性、細菌性、そしてウイルス性に分けられます。
 
アレルギー性結膜炎はアレルゲンにふれることによって生じて、かゆみが強く目やには少ないのが特徴です。
一方、黄色ブドウ球菌などの感染による細菌性結膜炎は充血や浮腫が認められて、かゆみや黄色の膿のような目やにを伴います。細菌性結膜炎のうち、黄色ブドウ球菌属や連鎖球菌属に感染して炎症を起こしている症状を、ものもらい(麦粒腫)といいます。
 
眼に関するアレルギー性疾患は発症頻度も高く、その有病率は全人の15~20%程度とも推測されています。
特にスギ花粉をアレルゲンとするアレルギー性結膜炎すなわち「花粉症」は、春先を代表する季節性アレルギー性結膜炎で、いわば「国民病」とも言われる疾患の一つです。
 
季節性アレルギーであれば、その発症時期より比較的容易に診断が可能ですが、ハウスダストなどをアレルゲンとする通年性アレルギーでは、発症の時期も様々ですので、診断が困難な場合もあります。このような際には十分な問診や診察に加えて、眼局所におけるアレルギー反応の証明が重要となります。
 
また治療では重症度に応じた治療法の選択が求められます。そのためには薬剤の種類と特徴を知って、症状や臨床像に合わせた薬剤の選択が必要です。季節性アレルギーで「花粉症」の様に発症時期が予測可能な場合は、発症時期より早期に治療を開始する初期療法も有用です。
 
ウイルス性結膜炎について医師が解説した以下の動画もご参考にしてください。

 

スポンサーリンク



花粉症の目薬:それぞれどんな効果がある?

 
アレルギー性結膜疾患の治療に用いる点眼薬としては「抗アレルギー点眼薬」「ステロイド点鼻薬」「免疫抑制点眼薬」があります。
抗アレルギー点眼薬には、メディエーター遊離抑制作用があるものとヒスタミンH1受容体拮抗作用がある点眼薬に大別されます。
 
メディエーター遊離抑制薬は、主にマスト細胞の「ヒスタミン遊離」など脱顆粒の阻害、プロスタグランジン、ロイコトリエンなどケミカルメディエーター(化学伝達物質)の産生を抑制することでⅠ型アレルギー反応の即時相反応を軽減し、また炎症細胞の結膜局所への浸潤を抑制することで遅発相の反応も軽減します。
 
一方、ヒスタミンH1受容体拮抗薬は、マスト細胞から脱顆粒で放出されたヒスタミンがそのH1受容体と結合することを阻害し、眼のかゆみや結膜充血を抑制します。
 
ヒスタミンH1拮抗薬の方が比較的効果が高く、速効性が期待できますが、眠気などの副作用が多少、強めに出ますので状況によって使い分ける必要があります。
眼科で一般的に処方される点眼薬は以下のとおりです。

    
種類薬剤名点眼回数抗ヒスタミン作用
メディエータークロモグリク酸ナトリウム1日4回
遊離抑制薬アンレキサノクス1日4回
遊離抑制薬ペミロラストカリウム1日2回
遊離抑制薬トラニラスト1日4回
遊離抑制薬イブジラスト1日4回
遊離抑制薬アシタザノラスト水和物1日4回
ヒスタミンH1ケトチフェンフマル酸塩1日4回
拮抗薬レボカバスチン塩酸塩1日4回
拮抗薬オロパタジン塩酸塩1日4回
拮抗薬エピナスチン塩酸塩1日4回

 
 

花粉症の目薬 :市販薬について考察

 
市販薬についても一部のアレルギー用点眼薬は医療用から市販薬にスイッチされており、治療の考え方は同じです。
 
・花粉やハウスダストなどによるアレルギーが疑われる場合は、抗アレルギー薬を配合したアレルギー用点眼薬を用います。
 
・細菌感染が疑われる場合にはサルファ剤を配合した抗菌性点眼薬を用います。
 
・結膜炎がなく、原因が明確でないかゆみに対しては抗ヒスタミン薬、消炎・収れん薬、あるいはNSAIDsを配合、充血がある場合のみ充血除去薬も配合した一般点眼薬を使用します。
 
・激しいかゆみを生じる場合など、軽度でない結膜炎や眼球結膜下の深部血管に起こった毛様充血は適応となりません。
 
・目やにが少なく、さらっとした涙を多く伴い、かゆみを伴わず、耳前リンパ節の腫れや圧痛がある場合はウイルス性結膜炎を疑い、市販薬では対応できません。
 
以下は目のかゆみ、炎症用の一般点眼薬、アレルギー用点眼薬の分類と成分をまとめた表です。
 

種類分類成分
一般点眼薬消炎・収れん成分・ε-アミノカプロン酸 (3類)
一般点眼薬消炎・収れん成分・アラントイン(3類)
一般点眼薬消炎・収れん成分・ベルベリン(3類)
一般点眼薬消炎・収れん成分・アズレンスルホン酸ナトリウム(3類)
一般点眼薬消炎・収れん成分・グリチルリチン酸二カリウム(3類)
一般点眼薬消炎・収れん成分・硫酸亜鉛(3類)
一般点眼薬消炎・収れん成分・リゾチーム塩酸塩(3類)
一般点眼薬NSAIDsプラノプロフェン(1類)
一般点眼薬抗ヒスタミン成分ジフェンヒドラミン塩酸塩(2類)
一般点眼薬抗ヒスタミン成分クロルフェニラミンマレイン酸塩(2類)
アレルギー用点眼薬抗アレルギー成分クロモグリク酸ナトリウム(2類)
アレルギー用点眼薬抗アレルギー成分ケトチフェンフマル酸塩(1類)

 
上表の各分類についての補足説明は以下となります。
 
・消炎・収れん成分・
ヒスタミンなどの起炎物質遊離抑制および被膜形成などの角膜上皮再生により、損傷治癒促進・収れん作用を示して炎症を抑制します。リゾチームは卵白アレルギーに注意が必要です。
 
・NSAIDs
PG生成抑制作用などにより、炎症の原因物質の生成を抑制し炎症症状を抑えます。妊産婦、授乳婦、および7歳未満の小児には禁忌となります。
 
・抗ヒスタミン成分
ヒスタミンH1受容体を阻害することにより、炎症細胞の遊走・集積やサイトカインの産生を抑え、目のかゆみ(炎症)などのアレルギー症状を鎮めます。中枢神経抑制作用および抗コリン作用は、ジフェンヒドラミン塩酸塩がクロルフェニラミンマレイン酸塩より強いです。閉塞隅角緑内障には慎重投与が必要です。
 
・抗アレルギー成分
ヒスタミンなどのケミカルメディエーターの遊離を抑え、種々メディエーターが誘発するアレルギー症状(目の充血、かゆみ、涙目など)を緩和させます。
 
2日間の使用により症状は約70%緩和、効果が現れた際、2週間使用しても良いが、効果が発現しなかった場合は使用を1週間までとします。
 
ケトチフェンは1歳未満の小児には禁忌、両成分ともに、点鼻薬を併用した場合、眠気が現れることがあるので乗り物や機械等の運転操作は禁忌です。

 

花粉症の目薬 :まとめ

花粉やハウスダストなどによるアレルギーが疑われる場合は、抗アレルギー薬を配合したアレルギー用点眼薬を用います。
 
ヒスタミンH1拮抗薬の点眼薬は速効性が期待できますが、眠気などの副作用を考慮して状況によって使い分けましょう。
 
 
<執筆者プロフィール>
佐藤 孝弘(さとう・たかひろ)
ヘルスケア関連企業にて、10年以上、研究開発業務に従事しています。
医学・薬学・健康・美容に関するライティングを中心に活動。TOEIC 910点

 
 

オススメリンク

 
関連した情報として以下のものがあります。ご参考にしてください。
 

「鼻風邪の治し方 とは? 身近な病気だからこそ、正しく理解し、しっかり対策を!」
 
「夏風邪の症状 とは? 冬の風邪との違いは? どのように感染する?」
 
「鼻づまりの原因 には別の病気が!?症状や対策など解説」
 
「鼻水を止める カンタンな方法ある?風邪?それ以外に原因は?」
 
「鼻づまり解消法 とは?簡単で体に害のない方法とは?」
 

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。